--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.21

満喫☆倉敷


3連休の今週はイベント盛りだくさん

まずは、連休前夜祭の金曜日。

最近残業続きのダンナさんがこの日は定時で仕事を終えて2人で向かった先は・・・



akari_R.jpg


地元・倉敷美観地区で開催された『倉敷春宵あかり


白壁の町・倉敷美観地区に提灯、ぼんぼりを灯すと、より一層情緒のある街並みになります。

金曜の晩でしたが、カップルから家族連れ、みんなカメラを片手に多くの人で賑わってました。

私も張り切ってデジカメのバッテリー充電をしてたのですが、カメラに装着するのを忘れてしまう・・・

ああ・・・肝心なときに・・・。

だもんで、今回は携帯カメラでの撮影です



100319b.jpg


ロウソクの灯りはやさしくていいですね。



100319a.jpg


岡山らしいこんなのも(笑)

桃太郎と鬼



いろんな提灯を見ながら美観地区をぐるり一周。

いつもとは違った雰囲気に大満足でした


そしてこのあと、もう一つ・・・


この前発見して、超気になってた場所へ行ってきましたよ


100319c.jpg


美観地区から少し離れたところにある銭湯『えびす湯』

もうねえ、外観からしてヤバイの

今まで各地の昔ながらの銭湯には結構行きましたが、

ココは『昔ながらNo,1』じゃないでしょうか?!

男湯と女湯、別々の入口から入ると真ん中に番台のおばちゃんが座ってる。

「2人分ね」って代金渡して中に入ると、


100319d.jpg


超年代物のロッカー。一応鍵らしきものは付いてたけど、役にたつの?というような簡単仕様(笑)

てか、常連さんは鍵しないで荷物入れてるから、扉開けたら「あっ、入ってた」みたいな(笑)


100319f.jpg


そして、マッサージ椅子にかぶるタイプのドライヤーに演歌歌手のポスター。

定番セット(笑) 動作確認はしておりません

そういや子供の時にこんなマッサージ椅子したっけかなあ。超痛かったような・・・。



100319e.jpg



これまた、定番の体重計に冷蔵庫。冷蔵庫の中身はもちろん・・・・。

子供の時、銭湯で飲むコーヒー牛乳が大好きでした

てか、銭湯に行ってたのって幼稚園上がる前とかほんとちっちゃい頃だったんですけど

そんな記憶があるのに気付いてビックリです。


ここまでは脱衣所に誰もいなくて(番台のおばちゃんもどっか行っちゃって)写真とれましたが

さすがにお風呂場は無理でした。(当り前か)


お風呂場も期待に外れず超レトロ。残念ながら富士山はありませんでしたが。

もちろんシャワーなるものは一切無く、熱湯と真水の出る蛇口を洗面器で温度調整。

「熱っ!」とか「冷たっ!」とかなりながら、頭と体を洗う(笑)

そして、中途半端に深~い湯船に中腰気味につかる(笑)

ここまででも十分、レトロ銭湯満喫しましたが極めつけは・・・


風呂場から上がった私を見て番台のおばちゃんが(帰ってきた)、先にあがってたダンナさんに

「上がってきはったよ」と声をかける。

私も男風呂に「化粧水するからちょっと待ってて~」話しかける。

「お~」と向こうから返事が返ってくる。



ヤバイ

楽しすぎる



そして


この日最後の締めは


近所の居酒屋にて。



100319g.jpg




毎年このルーティーンが定番になりそうです。





人気ブログランキングへ
↑さあ、次の日は高知へサーフィンですよ♪








この記事へのトラックバックURL
http://surfergirlchiru.blog92.fc2.com/tb.php/165-48b5d57c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
わ~~ぁ!
この銭湯やばいね~。
俺小さい時、家にお風呂が無くて・・・家族でよく銭湯に行ってたから、本当に懐かしい。
そう言えば昔の銭湯って、熱いお湯と冷たい水が出るスイッチみたいのがあって、自分で温度調節してたな。
Posted by ドッキー in paris at 2010.03.22 22:58 | 編集
>ドッキーさん

こんばんは~。

ここ、やばいですよね(笑)
まるでココだけ時間が止まってるようでした。

設定した温度のお湯がシャワーから出てくる今って便利すぎるくらい便利だな~って。
(ウチは違いますけど・・・)

でもちょっと不便な方が、なんかいいような気がしました。
Posted by チル at 2010.03.23 19:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。